マンション大規模修繕のことなら株式会社オガワリフォーム

失敗しないための大規模修繕工事

外壁タイル工事の注意点

  • 1. タイル下地のコンクリートのひび割れを完全に補修し、外壁面からの雨水の浸入を防ぐ。
  • 2. 外壁タイルの色を必ず合せる。
  • 3. 外壁タイル目地の色も必ず合せる。
  • 4. タイルの浮きはエポキシ樹脂注入により浮きを防止する。

I. 外壁タイルの色について

現地に外壁タイルの在庫があればそのタイルを使用し修繕する。
外壁タイルが既製品で、現在も同じ物がある場合は既製品を使用し修繕する。
既製品がない場合は、外壁のタイルを外し見本焼きをし、タイルの色を合せる。
見本焼 見本焼
見本焼きした物を外壁に貼って色を確認する。
新規タイル 色の確認OK

※絶対にしてはいけないタイルの色違い

※タイル目地も色が薄いのは目立つので注意が必要

II. 外壁タイルのひび割れ補修について

タイルのひび割れに沿ってダイヤモンドカッターを入れ、外壁タイルを撤去します。
コンクリートのひび割れをVカットし、漏水しない様に、シール材を充填する。
新たにタイルを貼り、タイルが落ちない様にテープで止める。
タイルが接着してから、目地をモルタルで詰める。

※目地モルタルの色が薄いのは貼替えた所が分かるので同じ色か、やや濃いめにする。

III. 外壁タイルの浮きについて

浮いているタイル面の目地にドリルで穴をあける。
エポキシ樹脂を手動ポンプで充填する。
エポキシ樹脂の入った穴にステンレスピンを挿入し浮きを止める。

IV. 外壁タイル面の洗浄

テスト施工をして、タイル洗いの薬品を決める。
洗浄前 洗浄中
アルミ手摺やガラス等を養生し、薬品による変色等を防ぐ。
右半分洗浄 洗浄完了
植木等が枯れない様に、水養生・水洗いが必要です。